サンゴ礁に囲まれた神秘的な島『宝島』
宝島の澄んだ海
遠くに見える荘厳な宝島
間近な宝島
エメラルドグリーンに輝く海

宝島

島の特徴

トカラ列島の有人島最南である宝島は、サンゴ礁に囲まれた幻想的で神秘的な島です。

亜熱帯の植物が咲き、亜熱帯特有の色鮮やかな魚が泳ぐ様は、まさに宝の島。

島内には鍾乳洞や地元住民に『サバク』と呼ばれている海浜砂丘があり、見どころ満載です。

離島概要

名称(よみがな) 宝島(たからじま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) イマキラ岳292m・7.14㎢・12.1㎞
世帯数・人口 66世帯・119人
来訪者 年間1,500人ほど
アクセス 鹿児島県本港区南埠頭から「フェリーとしま」で口之島・中之島・平島・諏訪之瀬島・悪石島・小宝島経由、前籠港へ13時間15分、週2便。※名称変更もあるので要確認!
島の宿泊施設 http://www.tokara.jp/tourism/profile/takarajima/#hotel宝島の民宿一覧
関連サイトURL http://www.tokara.jp/profile/gaiyou/takara/
http://www.tokara.jp/tourism/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

1824年、イギリス船が宝島沖に現れ、数人のイギリス人が小舟で宝島へと上陸し、食料を求めた。住民が断ると、イギリス人が銃を乱射し、牛を奪ったといいます。この一連の現場一帯が「イギリス坂」と呼ばれ、前籠港から集落へ向かう途中に存在します。

白い砂浜が印象的な前籠海水浴場はおすすめ!近くにはキャンプ場もあり、エメラルドグリーンの海と白い砂浜でのキャンプを思う存分楽しめます。

島での暮らしぶり

島民は、水田で稲作を行っています。

島西部の牧場では、黒毛和牛の畜産も行われています。

台風シーズンには定期船が結構することも珍しくなく、各家庭には冷凍庫が完備されているのが特徴です。

島の歴史

島内からは宇宿下層式土器や八重山式土器、弥生中期のころとみられる須玖式土器が出土するなど、宝島は古い歴史を持ちます。

17世紀後半のイギリスの海賊『キャプテンキッド』が莫大な財宝を隠したという逸話も存在します。島内には財宝を隠せるような鍾乳洞などがあり、探検心をくすぐられること間違いありません。

島のイベント

七島正月を祝う習慣があります。

他にも、年間を通してさまざまな種類の行事が催されています。

関連動画

関連書籍

関連する離島











関連記事

  1. 沖の島

  2. 角島

  3. 母島

  4. 波照間島

  5. 伊平屋島

  6. 久賀島

  7. 新島

  8. 対馬島

  9. 鳩間島

カテゴリ

登山ガイド.com