現在では磯釣りスポットで有名の無人島

高島

島の特徴

高島は、島根県益田市北部の沖約12kmに浮かぶ島です。

別名「七戸島」とも呼ばれていました。

古くは戸数制限があったためです。

現在では磯釣りスポットになっています。

離島概要

名称(よみがな) 高島(たかしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 117m・0.39㎢
世帯数・人口 0人
来訪者 なし
アクセス
島の宿泊施設 なし
関連サイトURL https://cultural-experience.blogspot.com/2015/03/blog-post_20.html
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

現在、無人島の高島は、磯釣りスポットになっています。

島での暮らしぶり

現在無人島のため島民はいませんが、以前は段々畑での麦や豆、さつまいもなどの栽培が盛んでした。

イカやイサキの一本釣りもされていました。

島の歴史

国学者である本居宣長が『玉勝間』でネズミの多い島だと記述している。

その通りネズミが多い島で、一時はネズミによる被害のため、無人島化したこともあります。

島のイベント

無人島のため、イベントはありません。

関連動画

関連書籍

関連する離島



関連記事

  1. 加計呂麻島

  2. 保戸島

  3. 沖の島

  4. 波照間島

  5. 奥尻島

  6. 悪石島

  7. 沖永良部島

  8. 硫黄島(薩摩硫黄島)

  9. 見島

カテゴリ

登山ガイド.com