さまざまな花畑を持つ、カラフルな島「能古島」
目の前一面に広がる菜の花畑
能古島のフェリー
能古島のもう一つの絶景、コスモス畑
菜の花畑の奥には海が広がる
能古島からの絶景

能古島

島の特徴

能古島は、福岡県の博多湾に浮かぶ島です。

野生鹿が繁殖し、「鹿垣」という趣(おもむき)溢れる石の柵が築かれています。

離島概要

名称(よみがな) 能古島(のこのしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 195m・3.95㎢・9.0㎞
世帯数・人口 263世帯・805人
来訪者 不明
アクセス 姪浜旅客待合所からフェリー「フラワーのこ」「レインボーのこ」で能古島へ10分
島の宿泊施設 旅館4件あり
関連サイトURL http://nokonoshima.com/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

神功皇后が「住吉神を祀りたい」と白髭の老人に頼んだ伝説を持つ白髭神社がおすすめです。

他にも、玄界島などを見下ろすことのできる絶景地「也良岬(やらのみさき)」や、コスモスなどのカラフルな花が咲き乱れる「アイランドパーク」は一度は訪れてみたい場所です。

島での暮らしぶり

1941年(昭和16年)10月15日には、早良郡能古村が福岡市に編入されました。

それから人口は1950年代の約1,500人を頂点に徐々に減少しています。

廻船業で栄えた能古島ですが、現在では漁港と棚田の島になっており、時代の移り変わりを感じさせますね。

島の歴史

江戸時代は、江戸や大阪にお米を運ぶ廻船業で栄えていました。

廻船業で栄えていた浦を「筑前五ヶ浦」といい、能古島はそんな筑前五ヶ浦の一つでした。

島のイベント

福岡市の無形文化財にも指定されている「おくんち」というお祭りが、毎年10月に催されています。

五月には、作家・檀一雄を偲ぶ「花逢忌」があります。

関連動画

関連書籍

関連する離島



関連記事

  1. 生月島

  2. 海栗島

  3. 宝島

  4. 与論島

  5. 福江島

  6. 悪石島

  7. 対馬島

  8. 沖永良部島

  9. 壱岐島

カテゴリ

登山ガイド.com