地震に負けない島、奥尻島
なべつる岩がそびえ立つ
奥尻の憂いを帯びた海
奥尻の夕日が暖かく輝く
奥尻の海岸線
蒼く輝く奥尻の海

奥尻島

島の特徴

アイヌ語で「イクシュンシリ(向こうの島)」と意味する奥尻島は、北海道南西部に位置する島です。

対馬暖流の影響で寒暖の差は少なく、北海道の中では温暖な気候が特徴です。

温暖な気候のため、自然環境が保たれており、調和を保たれた奥尻の自然は一見の価値ありです。

離島概要

名称(よみがな) 奥尻島(おくしりとう)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 神威山584m・142.73㎢・67.5㎞
世帯数・人口 1,589世帯・3,921人
来訪者 49,405人
アクセス 江差港からフェリー「アヴローラおくしり」で奥尻港へ2時間10分
他にもアクセス方法あり
島の宿泊施設 旅館、民宿多数あり
関連サイトURL http://unimaru.com/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

道南五霊場の一つである「賽の河原」は、奥尻島に行った際には訪れて欲しいスポットの一つ。

賽の河原は、訪れる人々が石を積み上げ、海難犠牲者や幼児死者へ祈りを捧げる慰霊の地となっています。

訪れた人々が石を積み上げ、気付けば6ヘクタールにも広がるほどに。

なんと夏には、炊事場やトイレが設置されキャンプ場として整備されたため、多くの観光客やキャンパーで賑わいを見せるようにもなりました。

島での暮らしぶり

奥尻島は、平成5年の北海道南西沖地震で生活が変わりました。

M7.8の地震は、島内の死者・行方不明者199人を出す大災害を引き起こしました。

地震後、島の海岸線84㎞のうち13.4㎞におよぶ防波堤が築かれるなど、人々の生活は変わったのです。

平成10年に復興宣言が出されました。

島の歴史

奥尻島の歴史は古く、約8000年前の縄文時代から人が移り住み、現在まで島の歴史は続く。

島の基幹産業は、古くから水産業が盛んでした。

明治末期まではニシン漁が主体だったものの、近年はホッケやアワビ、ウニなどが主流です。

島のイベント

H26年から、毎年6月に奥尻ムーンライトマラソンが行われています。

道道39号線が封鎖されて行われる奥尻ムーンライトマラソンは、満月の下走るフルマラソン・ハーフマラソンで、終わったあとには後夜祭があり、島の名物などが堪能できます。

関連動画

関連書籍

関連する離島(北海道の他の離島)





関連記事

  1. 知夫里島

  2. 白石島

  3. 鳩間島

  4. 神島

  5. 口永良部島

  6. 父島(小笠原)

  7. 天売島

  8. 舳倉島

  9. 母島

カテゴリ

登山ガイド.com Web制作スタジオSomeiyoshino