桂島

島の特徴

浦戸諸島に属する島の一つ、それが桂島です。

浦戸諸島の中で、本土から一番近い島でもあるんです。船で20分ほどでしょうか。

島は東西に延び、西側と東側に集落があります。

島には公園や海水浴場があり、そこから眺める景色は息をのむほど美しいです。

島内のいたるところに、東日本大震災での津波の高さを示す看板が立っています。

離島概要

名称(よみがな) かつらしま
島の大きさ(高さ・面積・周囲) 60.1m・0.76㎢・6.8㎞
人口 400人
来訪者 不明
アクセス
島の宿泊施設 民宿あり
関連サイトURL
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

桂島には、小さい島ながらも、見所がたくさんあるんです!

その一つが、「松崎神社・タブの森」。

鹽竈神社十四末社の一座に挙げられている神社です。

鳥居近くには大きなタブが植えられ、まるで鳥居を守っているかのように空から見下ろしています。タブの森からは、とても神聖な空気を感じます。

タブの森から見上げる空は、とても美しいです。木漏れ日が降り注ぎ、自分が立っている場所がどこなのか忘れてしまうほどに。

島での暮らしぶり

桂島の主要産業は、漁業です。

海苔や牡蠣の養殖が盛んに行われていて、味にも定評があります。

春はシラウオ漁の最盛期で、夜の海に灯る漁火がなんとも美しいです。

島の歴史

島のイベント

毎年8月には、夏祭りと花火大会が開催されています。

関連動画

関連書籍

関連する離島


関連記事

  1. 奥尻島

  2. 宮戸島

  3. 朴島

  4. 網地島

  5. 焼尻島

  6. 天売島

  7. 利尻島

  8. 厚岸小島

  9. 金華山

カテゴリ

登山ガイド.com