南鳥島

島の特徴

南鳥島は、日本の最東端に位置する、小笠原諸島に属する島です。

なんと、本州から1,800㎞も離れているんです。

それにも関わらず、東京都に属しています。新宿や渋谷と同じ「東京都」だとは、到底思えませんね。

島の形は綺麗な三角形です。おにぎりのような形、といえばわかりやすいでしょうか。

離島概要

名称(よみがな) みなみとりしま
島の大きさ(標高・面積・周囲) 9m・1.51㎢・7.6㎞
人口 23人(平成22年4月現在)
来訪者 不明
アクセス
島の宿泊施設 不明
関連サイトURL https://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/minamitori_index/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

南鳥島には、これといって見所はありません。

ただ、島には青い空や白い雲、緑豊かな植物があります。

こちらの動画を見てください。

南鳥島を、ただ歩いただけの動画です。

しかし、島の自然の豊かさが手に取るようにわかります。

とても貴重な映像です。

島での暮らしぶり

島には、海上自衛隊や気象庁の施設が設けられています。

平成22年4月の記録によると、島には23名の自衛隊員が在住しています。

島の歴史

南鳥島は、1543年、デ・ラ・トーレというスペイン人によって発見されたと言われてます。

1864年には、アメリカの船が島を訪れ、そこで「マーカス島」と名付けられました。

その後は、日本とアメリカが南鳥島の領有権を主張し、一触即発寸前の事態まで発展しました。

島のイベント

関連動画

関連書籍

関連する離島


関連記事

  1. 御蔵島

  2. 江の島

  3. 母島

  4. 利島

  5. 三宅島

  6. 青ヶ島

  7. 神津島

  8. 伊豆大島

  9. 式根島

カテゴリ

登山ガイド.com