坂手島

島の特徴

坂手島は、三重県の伊勢湾に浮かぶ島です。

島の面積に比べ人口が多いことから、人口密度の高い島という一面もあります。

ほかには、「江戸川乱歩ゆかりの島」という顔も。

島内には江戸川乱歩ゆかりのお店や小学校があるので、江戸川乱歩ファンはぜひ訪れたい島でもあります。

離島概要

名称(よみがな) さかてじま
島の大きさ(面積・周囲) 0.51㎢・3.8㎞
世帯数・人口 196世帯・250人
来訪者 不明
アクセス
島の宿泊施設 民宿あり
関連サイトURL https://www.iseshima-kanko.jp/spot/1481/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

坂手島のおすすめスポットといえば、「坂手海水浴場」がおすすめです。

海の透明度が高く、美しい海を堪能できます。

あまり海水浴客も多くないので、思いっきりはしゃげるのもポイント!

穴場のビーチとして楽しむことができます。

次におすすめするのは、「旧坂手小学校」です。

なんとこのスポット、江戸川乱歩の奥さんが教師をしていた学校なんです。

しかも働いていただけではなく、江戸川乱歩はこの場所で奥さんと出会いました。

いわば、「運命の場所」ということです。

島での暮らしぶり

坂手島では、周辺の島とは異なり、漁業に従事している人数が少ないんです。

それは、第二次産業に従事している人数が多いから。

第二次産業とは、島外に通勤しているということです。

本土側の工場などに勤めている人が多いんですね。

それはおそらく、本土と坂手島の距離が近いため、通勤しやすいということが挙げられます。

島の歴史・文化

坂手島は、日本画家として知られる嶋谷自然の故郷です。

彼の価値観や画風は、坂手島で育った幼少期に育まれたものだと言われています。

島のイベント

島には、「子日祭」というお祭りがあります。

子日祭とは、お札やすす竹などを集めて燃やし、海上安全や家内息災を願うお祭りです。

ほかにも、甘茶が配られる「アマチャ/オシャカサン」というお祭りも。

花祭りとも言われています。

また、坂手島には「棒練り」という340年以上も続く伝統行事がありました。

2015年、歴史に幕を閉じたものの、今でもその熱は島に残っています。

関連動画

関連書籍

関連する離島

関連記事

  1. 沖島

  2. 篠島

  3. 神島

  4. 答志島

  5. 初島

  6. 渡鹿野島

  7. 日間賀島

  8. 佐久島

カテゴリ

登山ガイド.com