「国宝の島」「神の島」として知られる大三島
晴天下の多々羅大橋が白く輝く
濃いブルーの海が映える
多々羅大橋が遠くに見える
透明に透き通る海
大三島の大楠が立派にそびえ立っている

大三島

島の特徴

大三島は「神の島」として知られており、その神秘性は大山祇神社に由来しています。

「島」と付いているが、実は大三島は地図上の島ではありません。

各地にある「三島」と由来を同じくするそうです。

離島概要

名称(よみがな) 大三島(おおみしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 鷲ヶ頭山(わしがとうさん)437m・64.53㎢・88.8㎞
世帯数・人口 3,499世帯・7,838人
来訪者 不明
アクセス 多数のルートあり
島の宿泊施設 旅館富士見園
他、多数
関連サイトURL http://omishima.net/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

大三島の大山祇神社は三島神社の総本社であるため、大変高い人気があります。

そんな大山祇神社のある宮浦地区は、島の観光の中心となっており、周辺には旅館や飲食店が軒を連ねています。

近年では大三島みんなのワイナリーなど、大三島を活性化するためにプロジェクトされた名所がおすすめです。

島での暮らしぶり

大三島では、主にミカンを中心にした農業が盛んに行われています。

神の島として知られる大三島は、魚を取ることが禁止されており、漁業は盛んではありません。

島の歴史

入り江の一帯に大山祇神社の社殿が営まれており、大山祇神社の門前町として宮浦が発展していました。

島のイベント

大山祇神社産須奈大祭など、大山祇神社が催すお祭りがあります。

関連動画

関連書籍

関連する離島



カテゴリ

登山ガイド.com