日本三景のひとつ『厳島(宮島)』
真夏の厳島神社の鳥居
弥山の大聖堂
厳島神社の赤が眩しい
夜の暗闇に浮かぶ厳島神社
秋の厳島(宮島)

厳島

島の特徴

厳島は、瀬戸内海に浮かぶ島です。

厳島神社が有名で、厳島神社の朱色の鳥居は誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

「宮島(みやじま)」や「安芸(あき)の宮島」とも呼ばれ、日本三景の一つとして多くの人に愛されています。

離島概要

名称(よみがな) 厳島(いつくしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 弥山530m・30.39㎢・28.9㎞
世帯数・人口 942世帯・2,193人
来訪者 2,415,625人
アクセス 宮島口桟橋からフェリーで宮島へ10分
島の宿泊施設 旅館が22軒あり
関連サイトURL http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/
http://www.itsukushimajinja.jp/index.html
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

厳島神社のおすすめスポットは、何と言っても厳島神社でしょう。

主要な建造物はすべて国宝または国の重要文化財に指定されており、厳島神社の重要性は国内外に及んでいます。

そんな厳島神社を中心とする厳島は、島民2,000人強ほどでありながら、年間200〜300万人もの観光客が訪れる広島の代名詞的観光名所として親しまれています。

厳島神社だけではなく、弥山(みせん)原始林も人気が高いです。弥山(みせん)原始林は、1996年にユネスコの世界遺産に登録され、そんな弥山の山頂から望む初日の出は、毎年多くの観光客で溢れかえるほどの人気を博しています。

島での暮らしぶり

旧石器時代から始まる厳島神社の歴史は、多くの風習とともに歩んできました。

ケガレの忌避というのは顕著で、血や人の死は避けられることが昔からありました。

今でもその風習は残り、島には一基も墓がないそうです。

島の歴史

厳島神社というと、「平清盛」という人物を想像する人が多いのではないでしょうか。

清盛の庇護によって、京のきらびやかな文化が移入されたり、宋船による厳島参詣なども行ったりされました。

島のイベント

島では、管絃祭や玉取祭など、多くのイベントが催されています。

関連動画

関連書籍

関連する離島



関連記事

  1. 祝島

  2. 知夫里島

  3. 真鍋島

  4. 弓削島

  5. 六連島

  6. 角島

  7. 北木島

  8. 隠岐島後

  9. 大崎下島

カテゴリ

登山ガイド.com