日本で唯一の淡水湖の中に浮かぶ有人島
伊吹山と琵琶湖の沖島
沖島内の猫
密集する沖島の家屋群
沖島内の猫たち
湖北長浜と伊吹山

沖島

島の特徴

沖島の最大の特徴は、日本で唯一の「淡水湖に浮かぶ有人島」という点です。

他には、一家に一隻の船があるということ。

また、猫が多く住み着いています。

離島概要

名称(よみがな) 沖島(おきしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 沖島山220m・1.52㎢・6.8㎞
世帯数・人口 151世帯・483人
来訪者 6,740人
アクセス 長命寺港から渡船で沖島漁港15分
島の宿泊施設 湖上荘
関連サイトURL https://okishima.org/sights/
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

島では、多くの釣りスポットがあります。

そのため、夏には多くの観光客が釣りを目的にやってきます。

島の北東には西福寺というお寺があります。

蓮如上人に帰依した茶谷重右衛門島が島の北東に庵(のちの西福寺)を建てたことから始まり、西福寺の歴史は540年ほど遡ります。

島での暮らしぶり

島には自動車がないので、とても空気が澄んでいて暮らしやすいです。

家屋が密集しているので、昔からくわえ煙草が禁止されています。

開島以来、犯罪・事件が全くなく、沖島の暮らしぶりが大変のどかなことがわかります。

島の歴史

保元・平治の乱に破れた近江源氏が住み着いたといわれています。

江戸時代からは石の切り出しも行われており、魚場としての側面と石切場としての側面を併せ持っていました。

島のイベント

左義長や春祭り、夏祭りが催されています。

関連動画

関連書籍

関連する離島



関連記事

  1. 日間賀島

  2. 初島

  3. 佐久島

  4. 答志島

  5. 神島

  6. 篠島

カテゴリ

登山ガイド.com