東京から2時間の温暖な気候の島「初島」
熱海から見た初島
初島の遊歩道と海
バンガローが立ち並ぶ
青空の下の初島アイランドプール
温暖な気候が伺える一枚

初島

島の特徴

初島は、静岡県熱海市に属する島です。

静岡県唯一の有人島として知られる初島は、東京から2時間で行くことのできるリゾートとして、毎年多くの観光客が訪れています。

海の幸や豊富なアクティビティは訪れる観光客の心を癒し、初島の魅力に取り憑かれる人は年々増えています。

離島概要

名称(よみがな) 初島(はつしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 51m・0.44㎢・1.6㎞
世帯数・人口 194世帯・303人
来訪者 255,500人
アクセス 熱海港から高速船「イルドバカンス」で初島港へ23分
島の宿泊施設 民宿多数あり
関連サイトURL http://www.hatsushima.jp/
http://www.atamiseaside.com/stay/hatsushima.php
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

初島の魅力は、食やアクティビティ、海、歴史と豊富です。

中でもアクティビティは、他の離島よりも格段に質が高いのです。

冒険アスレチックパーク「アドベンチャーアイランドVOTAN(ボウタン)」をはじめ、島には心ときめくアクティビティがいっぱい。

初島に行った際には、多くのアクティビティをお楽しみください。

島での暮らしぶり

島民の暮らしは、観光を主体に成り立っています。

観光のほかには、漁業と農業が営まれ、漁協直営のスーパーマーケットなどが人気を博しています。

島の歴史

発掘調査により、初島には7000万年前から人が住み着いたと言われています。

昔から、豊富な海産物を獲って生活してきました。

海産物のほかにもジャガイモやダイコンなどの農産物も作られ、それらによって人々の生活が営まれてきました。

島の全域には遺跡が広がり、縄文時代の人々の意志が脈々と受け継がれてきた島とも言えるでしょう。

島のイベント

一月は船祝いから始まり、四月には竜神祭、七月には初木神社例大祭、十二月には初島沢庵作りと、一年を通してさまざまなイベントが催されています。

関連動画

関連書籍

関連する離島



関連記事

  1. 答志島

  2. 坂手島

  3. 渡鹿野島

  4. 篠島

  5. 佐久島

  6. 沖島

  7. 日間賀島

  8. 神島

カテゴリ

登山ガイド.com