白を基調にした商業スポット「ウミカジテラス」がある瀬長島
ウミカジテラスの階段
瀬長島の夕日
瀬長島のビーチ
瀬長島での潮干狩り
瀬長島で夕日の中釣りをする

瀬長島

島の特徴

瀬長島は、沖縄本島からほど近い場所にある島です。

0.18㎢と小さい島ながら、年間28万人もの観光客が訪れる島でもあるのです。

そこには、「行きやすさ」があります。それは、瀬長島と沖縄本島が海中道路で繋がっているから。

海中道路で繋がっているので、徒歩でも自転車でも行けてしまうんです。

島内には、4つの野球場と潮干狩りや釣りの名所、キレイな海などがあります。

キャンプやウィンドサーフィンもできるので、小さい島ながら飽きることのない旅行をたのしめるでしょう。

また、瀬長島には「ウミカジテラス」というモダンな商業スポットが誕生しました。地産メニューを中心にたのしめる、瀬長島に来たらかならず寄っておくべきスポットです!

離島概要

名称(よみがな) せながじま
島の大きさ(面積・標高) 0.18㎢・33m・1.8㎞
人口
来訪者
アクセス 沖縄本当から海中道路を使う
島の宿泊施設 ホテルあり
関連サイトURL ウミカジテラス
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

瀬長島のおすすめスポットといえば、冒頭でも紹介した「ウミカジテラス」です。

「癒しと感動のアイランドリゾート」と銘打たれ、2015年の夏に誕生しました。

ウミカジテラス内には、グルメ・スイーツショップや沖縄で作られたジュエリー・クラフトショップ、ラジオスタジオなどが入っています。

25店舗以上の飲食店が軒を連ねているため、何を食べようか迷ってしまうほど!

中には「北海道ラーメン」の店舗もあり、沖縄にいながら北海道のグルメまでたのしめてしまいます。

白を基調とした景観も素晴らしいので、訪れる価値ありですね!

島の歴史・文化

1946年、瀬長島はアメリカ軍の弾薬庫が置かれていたそうです。

そのため、住民は沖縄本当に移動せざるを得なかったんだとか。

2012年には、瀬長島の観光事業計画がスタートしました。

展望台の設置などがおこなわれました。

島のイベント

先ほど紹介した「ウミカジテラス」では、さまざまなイベントがおこなわれています。

リゾート音楽を中心とした、週末のみのショーが開催されているのです。

また、白い階段をキャンパスに、プロジェクションマッピングの投影までされているんです!

プロジェクションマッピングショー「Senaga Starry Night 陽が沈む島の星物語」』が、365日開催されています。

ウミカジテラスでは、毎月第三日曜日に朝市も開催されているので、少し早く起きて、楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連動画

関連書籍

関連する離島





関連記事

  1. 西表島

  2. 伊江島

  3. 宮古島

  4. 久米島

  5. 竹富島

  6. 渡嘉敷島

  7. 与那国島

  8. 下地島

  9. 池間島

カテゴリ

登山ガイド.com Web制作スタジオSomeiyoshino