猫だらけの島「真鍋島」
海岸に佇む後ろ姿の猫
勇ましさを表現するかのような姿勢をとった猫
凛々しい顔して海をバックにカッコつける猫

真鍋島

島の特徴

真鍋島は、古くは西行法師の「山家集」に詠まれていたり、民族行事もいくつか残っていたりと、歴史を感じさせ、今の私たちに歴史を残してくれる島です。

笠岡港から31㎞にあります。

年間を通しての温暖な気候やのどかな漁村の佇まいは、岡山県から「ふるさと村」に指定されるほどで、そののどかさは他の離島ではなかなか味わうことができません。

「猫の島」としても有名で、なんと島の人口より猫の数の方が多いんです。

離島概要

名称(よみがな) 真鍋島(まなべしま)
島の大きさ(標高・面積・周囲) 城山127m・1.48㎢・7.6㎞
世帯数・人口 188世帯・390人
来訪者 13,000人
アクセス 笠岡港から通常船を使って約70分、高速船を使って約44分
※通常船と高速船で値段が全然違います
要確認https://www.kasaoka-kankou.jp/access/ship
島の宿泊施設 宿泊施設が2件あります
関連サイトURL https://www.kasaoka-kankou.jp/island/manabeshima
景観度
人気度
アクセス難易度
希少体験度
施設充実度

島の見どころ・観光スポット

真鍋島のおすすめスポットとして、現代では珍しい現役の木造校舎の「真鍋中学校」が挙げられます。

昭和24年に建設された木造校舎で、その趣のある外観はファンもおり、一目見るために訪れる観光客も多くいます。

映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地としても使われた「真鍋中学校」に、ぜひ訪れてみてください。

次にオススメするのは、「天神鼻展望台」です。

瀬戸内を一望できる「天神鼻展望台」は訪れる人も多く、ここから望める風景は高い人気があります。

島での暮らしぶり

島には本浦と岩坪の2集落があります。

真鍋島は以前、寒菊などの栽培が盛んに行われていました。

今は「ふれあいパーク」として観光スポットになっています。

近年、島の住民有志による島おこしのために、産品開発や島の情報などを積極的に発信しています。

そのためか映画などのロケ地として使われることも多く、実はいろいろな作品に真鍋島が使われています。

島の歴史

西行法師の「山家集」で詠まれたことに始まり、真鍋島は多くの歴史を今に伝える島の一つです。

島名の由来として、「真南辺の島」に位置した同島が、のちに「真鍋」と漢字が当てられたと言われています。

島には真鍋氏の邸宅が残されており、今なお歴史が伝えられています。

島のイベント

真鍋島には「走り神輿」というお祭りがあります。

八幡神社でお祓いを受けた3体の神輿が8人の若者にそれぞれ担がれ、どの神輿が一番早いか競争します。

猛烈な勢いで走り回る勇ましさは、「圧巻!」の一言に尽き、その熱気は凄まじいものがあります。

下に走り神輿の動画があるので、ぜひ見てみてください。

関連動画

関連書籍

関連する離島


関連記事

  1. 大崎下島

  2. 坊勢島

  3. 大根島

  4. 弓削島

  5. 六連島

  6. 北木島

  7. 白石島

  8. 知夫里島

  9. 西ノ島

カテゴリ

登山ガイド.com Web制作スタジオSomeiyoshino