さらば小笠原、いや行ってきまーす。またいつか帰ってきたい/小笠原7日目 2016年8月10日

朝起き、最後の朝食をご馳走になり、6泊もお世話になった宿、Sea Glassさんのお母さんに挨拶してチェックアウト。大村地区に行きレンタル原付バイクも返却。
そいでお土産をしこたま買った所でおがさわら丸が入港・・。

DSC_3031

DSC_3035

DSC_3038

このピーポ君はデフォルトです

DSC_3047

DSC_3062

新しく上陸してくるワクワク顔の観光客を見て、おれらも一週間前こんなだったなぁなどと思いながら・・

入港から出港までの時間は4時間程度・・
その間に大村地区をぶらつき・・飯を食ったり
最後の余韻を楽しみつつ・・

DSC_3071

DSC_3076

DSC_3074

そんなこんなで、おが丸出港の時間が近づいてまいりました。

今回おが丸に乗り込む乗客の数は今年最多、定員の730人・・だったかな。
一回、欠航をはさんでいるので・・3日間滞在延長になった人が増えたのかな。

DSC_3078

荷物を持ってきてくれた宿のお母さんに最後の挨拶・・
するとハイビスカスが織り込まれた花飾りをくれました。

DSC_3080

出港時にこの花飾りを海に投げると、「また無事に戻って来れる」という意味があるそうです。何とも粋な計らい。涙がポロリ。

おいら達は船に乗り込むと、自分らの部屋に帰りの荷物を置くと、見送りで集まってくれている人に応えようと甲板に出た・・

DSC_3090

何を隠そう、おいらが小笠原に行きたいと思いたったのが、何かのドキュメンタリー番組で小笠原をおが丸であとにする乗客へのこの「見送り」の光景を見たからなんです

DSC_3082

まずは地元の太鼓隊が、太鼓を披露してくれます

CAMERA

これが終わると、おが丸の汽笛がなり、いよいよ出港!!
見送りの人が「行ってらっしゃーい」と声をかけてくれます。
「行ってらっしゃい」って事は、「また帰ってきてね」という意味が含まれてんすかね。何にせよ感動っす。

※この辺の動画がいっぱいあるんですが、編集出来たらいずれアップします

船が徐々に動いてくると灯台がある堤防に地元の子供他、大勢の人が手を振って、堤防から海にダイブしてくれます。もうこれが何とも言えない光景。

CAMERA

船が沖に出だしても、今度は多くの小型船が、おが丸を追っかけてきてくれます。どこまで付いてきてくれるんだと思うほど、ずっと並走してくれます。手を振り続けてくれます。そして最後に船から海へ飛びこみ最後のお別れです。

CAMERA

・・感無量だす

疲労困憊のおいらは、そこから24時間の長旅をほぼ寝通すのでした。

そんなこんなで小笠原旅行が終了。学生であればこんな旅も行きやすいが、社会人になった今、中々こんな旅をする事は今後無いかもしれない・・
本当に良い思い出になったっす。

小笠原旅行2016目次

一年越しだぜ・・おがさわら丸竹芝出港/おが丸竹芝出港日 2016年8月3日
ついに念願の小笠原!!/小笠原1日目 2016年8月4日
トレッキング&カヤックツアー!/小笠原2日目 2016年8月5日
初めて見た・・絶景!!これが小笠原か/小笠原3日目 2016年8月6日
釣り浜・宮乃浜波高し・・安定の境浦と製氷海岸/小笠原4日目 2016年8月7日
南島上陸・ドルフィンスイム・ホエールウォッチングツアー/小笠原5日目 2016年8月8日
ツアー中止・・PHANTOM3を飛ばしてみる/小笠原6日目 2016年8月9日
さらば小笠原、いや行ってきまーす。またいつか帰ってきたい/小笠原7日目 2016年8月10日

関連記事

  1. 一年越しだぜ・・おがさわら丸竹芝出港/おが丸竹芝出港日 2016年8月3日

  2. 秘境の島パナリ島に上陸

  3. 初めて見た・・絶景!!これが小笠原か/小笠原3日目 2016年8月6日

  4. 釣り浜・宮乃浜波高し・・安定の境浦と製氷海岸/小笠原4日目 2016年8月7日

  5. トレッキング&カヤックツアー!/小笠原2日目 2016年8月5日

  6. ついに念願の小笠原!!/小笠原1日目 2016年8月4日

カテゴリ

登山ガイド.com